がんになる原因を知って予防する

新着情報

がんになるには原因がある

がんは様々な原因によって発症します。しかし、場合によっては予防できることもあるのでどんな原因があるのかを知っておきましょう。原因を知って予防するとがん治療における抗がん剤の副作用で辛い思いをすることはなくなります。

[PR]

肺がんについて知ろう。
頭が真っ白になる前にできること。

がん予防を行う

診察

発がん性物質を吸い込んでしまう

近年、発がん性物質を含むものが増えてきています。発がん性物質を吸い込むとがんになる可能性が非常に高くなるのです。また、身近にある発がん性物質としてタバコが挙げられます。喫煙者はがんになる可能性が高いので禁煙することが良いです。

紫外線もがんの原因となる

紫外線は大量に浴びることでがんのリスクが高くなります。ですから、紫外線の強い時期に外へ出る時は紫外線対策をするようにしましょう。そうすることで、肌へのダメージを軽減できがんになる可能性も低くなります。

乱れた食生活

食生活の乱れによって肺がんになる場合があります。カロリーの過剰摂取や塩分の多いものを食べ過ぎは避けてバランスの良い食事にしましょう。

運動不足

運動不足が続いているとがんだけではなく様々な病気になる可能性が出てきます。その為、運動不足を解消することが大切といえるでしょう。また、運動は過度にする必要はなく軽い運動で十分なので継続することが大事です。